愛知県東海市横須賀町四ノ割11/まつしまクリニック/内 科・小児科・循環器科・リハビリテーション科・メディカルスタジオ
まつしまクリニック
まつしまクリニック電話番号
477-0036 東海市横須賀町四ノ割11
大成分分析器
コラム
これからの季節・・脂質が気になります 「脂質異常症」について
いま、日本では成人の約2.5人にひとりが「脂質異常症が疑われる人」といわれています。
脂質異常症とは血液中の特定の脂質値が
基準値より高い、低いなどの異常値である状態です。
血液中には、コレステロール、リン脂質、中性脂肪(トリグリセライド)、遊離脂肪酸などの脂質があります。脂質異常症は、どの脂質が多いか、少ないかによってタイプが分かれます。ほとんどの場合、自覚症状がありません。それでいて、心筋梗塞・脳卒中などの危険な病気をまねく可能性が高いことが特徴です。
コレステロール
中性脂肪
コレステロール
中性脂肪
細胞をつくる膜の原料となるほか、ホルモンや胆汁酸をつくる材料となる。
皮下や内臓などに貯えられ、必要なときに燃焼しエネルギー源となる。
脂質異常症にならないために、コレステロールのバランスが必要です。
コレステロールの種類は主に2種類。A図のような働きをし、中性脂肪とも深い関わりがあります。そのひとつである「LDLコレステロール」は、増え過ぎると血管内に付着して、血管を詰まらせたりします。一方「HDLコレステロール」は、血管にたまった余分なコレステロールを回収してくれます。「LDLコレステロール」が高過ぎず、「HDLコレステロール」が低過ぎないようにバランスを保つことが、健康な体をつくるための秘訣です。
 
脂質異常症を予防するには、
中性脂肪値にも気をつけながら、
生活習慣の影響に注目しましょう。
遺伝や加齢によって、血液中のコレステロール値や中性脂肪値が高くなることがあります。しかし、ほとんどの人は脂質や糖質・アルコールの摂り過ぎなど偏った食習慣や運動不足などによって、血液中のコレステロール値や中性脂肪値が高くなってしまうようです。脂質異常症を防ぐには、まず、日頃の生活習慣の見直しが大切です。
更年期以降の女性の方は、脂質異常症に要注意。
更年期を迎えた女性は、エストロゲンといわれる女性ホルモンが閉経後に減少し、コレステロール値や中性脂肪値が高くなる傾向があります。短期間のうちに動脈硬化の危険性がぐんと上がりますので、注意が必要です。
悪い生活習慣
脂質異常症の本当の恐ろしさは、心臓病や脳卒中の発症です。
脂質異常症は動脈硬化を招く、大きな原因です。
全身の細胞に酸素や栄養素を運ぶ、血液の通り道である血管。健康な方の血管は、本来、弾力があって血液がサラサラと流れています。しかし血液中のLDLコレステロールが増え過ぎると、血液の通り道が狭くなる動脈硬化が進行します。これを放置すると血管がますます狭くなり、気づかないうちに症状を悪化させてしまう恐れがあります。
 
自覚症状のない、脂質異常症。放っておくと、心臓病や脳卒中を引き起こします。
脂質異常症は、自覚症状がない疾患です。例えば、心臓へつながる血管が詰まってしまうと、狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病に。脳の血管であれば、脳出血や脳梗塞などの脳卒中を引き起こします。
※がんに次ぐ日本人の死因は、心臓病と脳卒中です。
この2つをあわせるとがんを抜いて1位になります。
 
LDLコレステロールを酸化させないために、食生活を考えましょう。
動脈硬化は、LDLコレステロールそのものではなく、酸化などで変性させない栄養素を含んだ食品を積極的に摂ることが、動脈硬化の予防になるといわれています。効果的な栄養素とは、β-カロテン、ビタミンE、ビタミンC.これ以外の抗酸化物質には、赤ワインやお茶などに含まれているポリフェノール、お茶に含まれているカテキン、ゴマに含まれているゴマリグナンなどがあります。
脂質異常症が、動脈硬化を進行させるメカニズム
脂質異常症が、動脈硬化を進行させるメカニズム
 
気づきにくい病気でもある脂質異常症は、予防できる病気でもあります。
早期発見・早期治療のために、定期診断を受けましょう。
脂質異常症は血中「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」、「トリグリセライド(中性脂肪)」を測定することにより診断します。日本動脈硬化学会では、「LDLコレステロール値」、「総コレステロール値」、「トリグリセライド値」が高いほど、また余分なコレステロールを回収する働きのある「HDLコレステロール値」が低いほど、動脈硬化性疾患の発症頻度が高い「脂質異常症」としています。自覚症状のない脂質異常症をいち早く発見・治療するためにも、定期診断を受ける習慣をつけましょう。
脂質異常症の診断基準(空腹時採血)
脂質異常症と深い関係がある、肥満にご注意!
脂質異常症を発症させやすくするのが肥満。肥満はどこに脂肪が多くついているかのタイプに分けられますが、要注意なのは「内臓脂肪型肥満」。過剰な内臓脂肪は脂質異常症を発症させるほか、糖尿病、高血圧など他の背活習慣病も合併させてしまう恐れがあります。最近の研究では、内臓脂肪型肥満者は、脂質異常症、糖尿病、高血圧のひとつひとつの症状が軽度でもあわせて持つと、動脈硬化の進行が加速されるといわれています。近年、このような状態は”メタポリックシンドローム”と呼ばれています。肥満を避けることこそ、健康づくりの第一歩と考えましょう。
∵もどる∵
Copyright (C) 2009 matusima Clinic. All Rights Reserved.