愛知県東海市横須賀町四ノ割11/まつしまクリニック/内 科・小児科・循環器科・リハビリテーション科・メディカルスタジオ
まつしまクリニック
まつしまクリニック電話番号
477-0036 東海市横須賀町四ノ割11
大成分分析器
コラム
遺伝+生活習慣病=わが国の95%は「2型糖尿病」 予防できる基礎知識
いま、日本では成人の約5.6人にひとりが、糖尿病患者または予備軍といわれています。
糖尿病とは
血糖値が高くなる病気です。
食べ物や飲み物は消化されると、身体を動かすエネルギーの源、ブドウ糖に変わります。血糖値とは、このブドウ糖が血液のなかにどれぐらいあるかを示すもの。糖尿病になると、ブドウ糖がそれを必要とする細胞まで運ばれず、血液中にあふれてしまい血糖値の高い状態が続きます。
血糖値を下げるただひとつの
ホルモンはインスリンです。
インスリンは、ブドウ糖をコントロールしてくれるホルモンです。すい臓でつくられ、インスリンが正常な場合、血糖値も正常な数字をキープ。さらに、血液中のブドウ糖を細胞に送って活動エネルギーにしたり、余ったブドウ糖を細胞やグリコーゲンに変えて貯蔵する働きもあります。糖尿病の方は、このインスリンが不足していたりうまく作用しないため血糖値が高くなり、全身のエネルギーが足りなくなります。
※右のイラストは[インスリンの働き]
インスリン・・・すい臓から分泌されるホルモン。血糖値を下げる働きを持つ。
遺伝+生活習慣病=わが国の糖尿病の少なくても95%はこれが原因。
糖尿病のタイプは、4種類。日本人では少なくとも95%が「2型糖尿病」です。生まれつきインスリンが少なく糖尿病になりやすい人が過食や運動不足、肥満などの悪い生活習慣によって糖尿病になってしまうタイプです。糖尿病を防ぐには、まず日頃の生活習慣の見直しが大切です。
1
1型糖尿病
  すい臓のβ細胞というインスリンをつくる細胞が破壊され、体のなかのインスリンの量が足りなくなって起こる。こどものうちから始まることが多く、以前は小児科糖尿病や、インスリン依存型糖尿病と呼ばれた。
2
1型糖尿病
  生まれつきインスリンの量が少ないなど遺伝要因に、食事の摂り過ぎや運動不足などの環境要因が加わり、インスリンの働きが悪くなり起こる。
3
その他の特定ぼ機序、疾患によるもの
  遺伝子異常や肝臓やすい臓の病気、感染症、免疫の異常など、他の病気が原因となって起こる。薬剤が原因の場合もある。
4
妊娠糖尿病
  妊娠によって起こる。新生児に合併症が出ることもある。
 
糖尿病の本当の恐ろしさは「合併症」です。
合併症とは、その病気が源になって起こる、別の病気や症状。糖尿病は、初期に表だって症状が現れないので合併症が起こりやすい病気です。糖尿病の三大合併症は「網膜症」「腎症」「末梢神経障害」。いずれもゆっくり進行しますが、重症化するととても恐い病気です。なお、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化を起こすほか、若い人でも白内障になったり、切断に至る足の壊疽、重症になりやすい感染症なども起こすことがあります。また、糖尿病が進行すると風邪にかかりやすくなるなど、体の抵抗力が低下。体内が病気におかされ、重い症状や生命の危機をともなうことも充分に考えられます。
気づきにくい病気である糖尿病は、予防できる病気でもあります。
3つの診断基準がある、糖尿病。早期発見・早期治療のために定期健診を受けましょう。
糖尿病の診断は「空腹時血糖値」「ブドウ糖負荷試験2時間値」「随時血糖値」の3つを観察します。日本糖尿病学会は、 いずれかが決められた値以上の場合wp「糖尿病型」としています。血糖値は、前日の食事や飲食、ストレスなどの影響を受けるため、診断の結果が糖尿病型に該当してもすぐに糖尿病と診断されるわけではありません。症状のあるなしや再検査でも検査で診断されます。職場や市町村の健康診断を定期的に受け、予防の意識を普段から持つようにしましょう。(当クリニックでも実施しています)
糖尿病と深い関係がある肥満にご注意!
糖尿病を発症させやすくするのが肥満。肥満は脂肪が多くついているかによっていくつかのタイプに分けられますが、要注意なのは「内臓脂肪型肥満」。過剰な内臓脂肪は糖尿病を発症させるほか、高血圧、脂質異常症など他の生活習慣病も合併させてしまう恐れがあります。最近の研究では、内臓脂肪型肥満者は、糖尿病、高血圧、脂質異常症のひとつひとつの症状が軽度でもあわせて持つと、動脈硬化の進行が加速されるといわれています。肥満を避けることこそ健康づくりの第一歩と考えましょう。
「1日3食を守る」「量を守る」「栄養バランスを守る」
食事を抜くと、血糖値が一気に下がり体が危険な状態になる場合があります。また一食抜いて一度にたくさん食べたりすると、すい臓に負担がかかったり、血糖値が急激に上昇するケースも・・ まず、1日3食を厳守。そして、適正なエネルギー量の範囲で、様々な食品から栄養のバランスを考えて食べましょう。
∵もどる∵
Copyright (C) 2009 matusima Clinic. All Rights Reserved.