愛知県東海市横須賀町四ノ割11/まつしまクリニック/内 科・小児科・循環器科・リハビリテーション科・メディカルスタジオ
まつしまクリニック
まつしまクリニック電話番号
477-0036 東海市横須賀町四ノ割11
大成分分析器
コラム
子宮頸がん予防ワクチン(10歳以上の女性が接種対象)です。
子宮頸がんは20~30代で急増します。
 
子宮頸がんは初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、しばしば発見が遅れます。
子宮頸がんは若い女性に多く、進行してしまうと子宮摘出などが必要となります。
子宮頸がんは20~30代で急増します。
日本では年間約15,000人の女性が発症していると報告されています。

子宮頸がんは発がん性HPVの感染が原因です。
発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)は性行為により感染しますが、特別な人だけが感染するのではなく、多くの女性が一生のうちに一度は感染するごくありふれたウイルスです。
発がん性HPVには15種類ほどのタイプがあり、その中でもHPV16型、18型は子宮頸がんから多くみつかるタイプです。

発がん性HPVは一度排除されても、何度でも感染する可能性があります。
発がん性HPVは感染しても多くの場合、感染は一時的でもウイルスは自然に排除されますが、感染した状態が長い間続くと、数年から十数年かけて前がん病変(がんになる前の異常な細胞)を経て子宮頸がんを発症することがあります。
一度排除されたとしても繰り返し感染してしまいます。
発がん性HPV16型、18型の感染を防ぐ
ワクチンがあります。
子宮頸がん予防ワクチンは、すべての発がん性HPVの感染を防ぐものではありませんが、子宮頸がんから多くみつかるHPV 16型、18型の2つのタイプの発がん性HPVの感染を防ぐことができます。
ワクチンを接種すると、抗体ができます。抗体は、ウイルスと戦って、ウイルスの感染を防ぎます。
ワクチンは臨床試験により15~25歳の女性に対するHPV 16型、18型の感染や、前がん病変の発症を予防する効果が確認されています。 
ワクチンの予防効果の持続性については、現時点で成人女性で一番長い人で6.4年間(平均では5.9年間)まで続くことが確認されています(海外臨床試験成績)。ただし、子宮頸がんの発症を予防するのに必要な抗体の量については現時点では明らかになっていません。
子宮頸がんは多くの場合、発がん性HPVの持続的な感染や前がん病変の後に発症すると考えられており、これらを予防することにより、子宮頸がんを予防できると考えられています。子宮頸がんを発症するまでは発がん性HPVに感染後、数年から十数年かかります。
将来、追加接種が必要になる可能性もあります。
発がん性HPVの持続的な感染および前がん病変が予防できることは確認されていますが、子宮頸がんに対する予防効果については確認されているわけではありません。この点は、海外で検討が続けられています。
●子宮頸癌予防ワクチン(サーバリックス)・・・・・ 1回 16,000円(3回接種)
・2回目は1回目から・・・1ヵ月後
・3回目は1回目から・・・6ヵ月後
ワクチンの特性
・日本人の小児に接種したところ成人に接種した時よりも高い抗体価が得られました。
・15~25歳の女性ではHPV 16/18に関して前がん病変(CIN 2+、CIN3+)の発生予防効果が得られました。
・3回接種により自然感染時と比較して充分に高い抗体価が少なくとも20年間維持されるが推計されました。
1
子宮頸がん発症の主要な原因である、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の16型と18型の感染を予防するワクチンです。
2
GSK独自のアジャバント(免疫増強剤)AS04を使用することで、自然感染の11倍の抗体価を長時間維持します。
3
HPV16型と18型の持続感染、HPV16型もしくは18型が関与する前がん病変(CIN2+、CIN3+)の発症を92.3~100%予防します。
4
10歳以上の女性の方は対象です。通常、0、1、6ヵ月後に3回、上腕三角筋部に筋肉内接種します。
   
○主な副反応
頻度10%以上:かゆみ、注射部分の痛み・赤み・腫れ・胃腸症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など)
頻度1~10%未満:発疹、じんましん、注射部分のしこり、めまい、発熱、上気道感染
頻度0.1~1%未満:注射部分のピリピリ感/ムズムズ感
頻度不明:失神・血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸、気を失うなど)
重い副作用として、まれにアナフィラキシー様症状(血管浮腫・じんましい・呼吸困難など)があらわれることがあります。
○接種後の注意
接種後に、重いアレルギー症状が起こることがあるので、接種後はすぐに帰宅せず、少なくても30分間は安静にしてください。
接種後は、接種部位を清潔に保ちましょう。
接種後丸1日は、過度な運動を控えましょう。
接種当日の入浴は問題ありません。
*詳しくは当クリニックにお気軽に、お問い合せください。
 
○子宮頸がん検診 Q&A
Q.まだ若いから、婦人科で検診を受けなくて大丈夫?
A
子宮頸がんは比較的若い女性に多くみられ、特に20~30代の女性に急増しています。子宮頸がんは、若い女性の妊娠や出産の可能性を脅かし、尊い命を奪うがんなのです。若いときからきちんと婦人科で検診をうけましょう。
Q.以前の検診で異常がなかったから、しばらく受けなくても大丈夫?
A
子宮頸がんになるまでには通常数年から十数年かかりますが、進行が速いタイプのがんもあります。過去の検診で異常がなくても、年に一度は婦人科で検診を受けましょう。
Q.家族に子宮頸がんの人がいないから、婦人科で検診をうけなくても大丈夫?
A
子宮頸がんは遺伝する病気ではありません。家族や親戚に子宮がんになった女性がいるかどうかは関係ありません。必ず婦人科で検診を受けましょう。
Q.発がん性HPVは性交渉で感染とききました。私は男性経験が多くないから、検診を受けなくても大丈夫?
A
複数のパートナーとの性交渉は、子宮頸がんのリスクを高めるといわれていますが、直接の原因ではありません。パートナーが1人の場合でも子宮頸がんになる可能性はありますので、必ず婦人科で検診を受けましょう。
*詳しくは当クリニックにお気軽に、ご相談ください。
∵もどる∵
Copyright (C) 2009 matusima Clinic. All Rights Reserved.